任意保険というものは強制保険の自賠責保険とは別に自賠責保険ではカバーできない補償を受ける保険です。77-11-142

この任意保険の注意点は自賠責保険の上級保険という役割で役に立つものですので自賠責保険の支払い限度額を上回った場合に機能します。77-8-142

さらに自賠責保険だけでは対物損害に対しては補償を受けることができないので、そこまでカバーする時には任意保険にも入っておく必要があります。77-4-142

既に任意保険を支払い済みの自動車を乗り換える際は国産車でも外車というようなことは例外なく残金が還付されます。77-14-142

これは日本の車を査定に出す場合についても同じことが言えます。77-15-142

自賠責保険基本的には加入したままでいるのが通例になっていますが任意保険というものは誰もが入るものではないですから、キャンセルということになります。77-3-142

さらに、任意保険をキャンセルしたあとは、払っている残金が返ってくるということになります。77-16-142

車の買取が決まったと言っても即任意保険を解約するというのは危険です。77-18-142

もちろん、即解約するとその分返還されるお金は増加しますがもしかしたら自動車買取のお店が離れた場所にあり、自分で運転していくことになったケースでは、任意保険に加入していない状態で車の運転をするはめになります。77-13-142

万が一のことに備えて、絶対この先自分が車の運転をすることはない状況になるまでは契約の解約手続きはすることがないようにしてください。77-6-142

自動車を買い取ってもらって、すぐさま他の車種を買うケースでしたら問題ないと思いますがもししばらく運転をしないような状況が続き任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこの任意保険未加入の時が存在する場合以前に加入していた時の任意保険の等級が下がるため、保険料の金額が増額となってしまいます。

そういった状況であれば「中断証明書」を発行してもらうようにしましょう。

この「中断証明書」があれば、10年までは契約解除前の保険の等級を継続することが可能です。

これは、13ヶ月以内でしたら出してもらうことができますのでもしもう車を売られていて、「中断証明書」を提示されてもらっていないケースでは、その保険会社や代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。

他のクルマを買うことになって、購入後に以前乗っていた車を査定に出すのでしたら、任意保険の加入は一方のみのになってしまします。

変更ということになるため運転する必要がある車だとしたら引き取りまで注意しましょう。

さらに、任意保険の保険料は車の種類など次第で価格がそれなりに異なってきますので、自動車引き取りの際は任意保険の保険料を検討してみる良いタイミングとも言えますね。

Copyright © 2002 www.leah-carroll.com All Rights Reserved.
77-5-142 77-20-142 77-2-142 77-12-142 77-10-142